回送地域
選択語

UK

JAPAN

KOREA

CHINA

すべての記事へ戻る

Marco Zanuso と Richard Sapper

デザイナー

Brionvega Art Products Stories

建築家のMarco Zanuso19162001年)は、間違いなくイタリアで最も影響力のあるインダストリアルデザイナーのひとりです。第二次世界大戦後から50年以上にわたりこの分野で活躍してきた彼は、家具やエレクトロニクス分野で最も著名な企業と協力してきました。そのキャリアを通じて、電話機Grilloなど、多くの世代の家庭環境の構築に貢献した数々のモノをデザインしています。1970年代にはFiatPirelliのコンサルタントを務め、1980年からはIBMで世界的な製品デザインを担当しました。Zanusoにとって製品を設計するということは、製造プロセスのあらゆるディテールを考慮することを意味していました。こうして、多くの分野に真の革命をもたらしたのです。例えば、Ladyアームチェアは張込み仕様の家具の製造を変革し、単一構造に張込みをして形を整えるものから、組み立て前に加工されたパーツで構成される家具へと移行したのです。

Richard Sapper19322015年)は、同世代で最も影響力のあるデザイナーの 1 人でした。長く多作なキャリアの中で彼は、車からテレビ、電話から家具、キッチンアクセサリーから自転車に至るまで、幅広いオブジェクトをデザインし、Compassi d’Oro賞を11回も受賞しています。ドイツ出身の彼は、ミラノのGio Pontiのスタジオに参加するためイタリアに移住しました。Sapperは、ドイツのTelefunken社、イタリアのミシンメーカーNecchi社、そしてLorenz社のプロジェクトに同時に取り組み、Staticウォッチプロジェクト(1960年)で最初のCompasso d’Oro賞を獲得します。彼のデザインはシンプルさと形式的な厳密さで知られており、その背後には最高レベルの技術的ソリューションが隠されています。

Marco Zanuso と Richard Sapper

1951年以降、この二人のデザイナーの出会いは長いパートナーシップの始まりとなり、そこからデザインに根本的な革命をもたらすオブジェが誕生しました。二人ともブランドBrionvegaとのコラボレーションに取り組み、1962年にDoneyテレビ(Compasso d’Oro賞受賞)、1964年にradio.cubo TS5021964年にAlgolポータブル テレビ、1970年にはBlack ST201テレビを設計し、他にも多くの作品があります。これらのオブジェすべてが現在、ニューヨークのMoMA近代美術館に展示されています。彼らの仕事は主に2つの特徴が際立ちます。1つは様々な環境で動作するということ。もう1つは、関与している企業の特徴を常に念頭に置きながら、技術と素材の革新をデザインと融合させるということです。

Brionvegaは、革新的なプロジェクトを実現し、インダストリアルデザイン史上のマイルストーンと見なされる製品を生み出すというプログラム上の目標を掲げ、自社の芸術的方向性をこの二人の天才的な建築家に託すことにしました。どのプロジェクトも、形状、素材、テクノロジー、最終顧客へ伝える深い意味合いの活用において画期的なものでした。

Marco Zanuso と Richard Sapper

1962Marco ZanusoRichard Sapperが、イタリア初のコンパクトなトランジスタ化テレビであるBrionvegaDoneyテレビを設計。技術的には日本とアメリカの先進的なモデルからインスピレーションを受けていますが、そのデザインは国際的な競合他社をはるかに上回るものでした。

1964に彼らは、Doneyの進化版であるAlgolテレビをデザインします。このテレビの携帯性は決定的で、そのフォルムはキネスコープのものよりさらに特徴的でした。

Marco Zanuso と Richard Sapper

同年、この二人のデザイナーは、数多くの点で真の革命となるradio.cuboを考案しました。エッジに丸みを持たせた直方体を、新しい色使いで魅力的に仕上げたのです。この色彩を可能にしたのは、ラジオ製品向けの新素材であるABSの導入でした。2つのキューブを開くとこの製品の機能が使えるという、遊び心のある独創的なデザインで、引き出し可能なハンドルで持ち運びできるというアイデアがユニークなオブジェです。

Marco Zanuso と Richard Sapper

新しいラジオを発見してください。cubo 50°